アーカイブ

2014年09月

袷の季節本番秒読み! 衣替えのタイミングと夏物のお手入れの巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 毎年9月中は「いつまで暑いんだ」なんてぼやいている気がしますが、今年はズバっと秋がやってきたようです。そろそろ帯を含め、夏物をすっぱりと仕舞う時期になりました。

 箪笥の入れ替えはお天気のよい、湿度の低い日に行います。今日は私の衣替え作業をご紹介しますね。

 20140924


 まずは、作業する部屋の掃除機&お掃除ワイパー(笑)。猫がいる我が家では必須作業です。(毎度ながら基本猫禁止作業(笑))

 普段着の浴衣や麻、洗える絽の着物、帯などは押入れケースにいれて、「夏物」とラベルを貼って来年の夏物シーズンまで押入れでお休みです。夏しか使わない季節ものの小物(帯締、帯揚など)も、小さな箱におさめて一緒に置いておきます。

 押入れケースを使う場合は、半透明のものは日常的に明るい場所には決して出しておかないこと。光で色が焼けてしまうことがあるので注意です。

 正絹の絽などは、箪笥の取り出しやすい位置から、取り出しにくい上のお盆や引出しへ移動します。なぜ上かというと、箪笥の中でも下にいくほど湿気がたまりやすいので、普段使う物を入れておいて開け閉めしたほうがよいから。

 滅多に出さない礼装類や季節外れのものは、上のほうに収納するようにすると、カビなどの被害を防げます。

 仕舞う前にもう一度シミや汚れがないか畳み直してチェックして、発見したらお手入れに。夏着たものでまだお手入れに出していないものがあれば、汚れていないようでも汗を吸っている場合がありますので、正絹のものは一度着用しただけでも、お手入れに出すことをおすすめします。

 いわゆる「丸洗い」は、ドライクリーニング。汗は水溶性の汚れなので丸洗いではすっきりしないそうです。丸洗いに出したからと油断していると、次の年以降に取り出したら汗染みが! なんていうこともあるそうなので、心配な場合は「汗抜き」も一緒にお願いします。

 衣替えの季節は、クリーニングの料金もお安くなっているところも多いです。そういうサービスも上手く利用したいところ。

 いち利モールさんのお手入れ料金も9月末までお得になってます! いち利モールの着物クリーニングは、丸洗いプラス着物のチェックがしっかりしていて、自分で気がつかなかったシミなどの状態や必要なお手入れがあれば、お手入れ前に提案してくれるのが有難いです。

 お手入れ先は、キモトモに聞いて情報収集したり、自分でもいくつかトライして、サービスや料金など納得のいくところを見つけたいですね。「対面で話を聞きたい」「時間がないので宅配で」など、こだわりポイントも違うし相性もあるので、自分が気持ちよくお願いできるところが一番です。

 仕舞う前に畳み直すときは、いつにも増して丁寧に。空気を抜きながら、折り目に気をつけて。来年の夏がやってくるまで基本そのままですから、へんなシワがついてしまうと、自分が泣けます(;;)<やらかしたことがあるらしい。

 たとう紙も、衣替えのときが入れ替えのチャンスです。

 単衣はまだ10月中で番がやってくるかもしれませんからそのままで。

 さて、そして夏物に替わって登場してくるのが袷です。軽やかな夏物のあとに、しっとり、どっしりとした袷を手に取ると秋の訪れをしみじみ感じますね。

 普段着の袷も、押入れから出して、余裕があったらたたみなおして箪笥に収納。このときが、また楽しい。

 「これもあった」「こんなのあったんだ〜」というタイムカプセルのような発見の連続! たくさん持っているから、というのではなく、そう、前のシーズンのことはもういろいろと忘れてるんですねえ〜怖いですね〜(笑)

 さあ、着物の季節本番です。やっぱり絹をたくさん纏えるシーズンは盛り上がりますよね。夏物をきちんと仕舞って、袷の準備を整えましょう!


9月21日着物でお出かけイベント「旧嵯峨御所 大覚寺門跡で平安の香り体験~」報告

カテゴリ:

9月21日(日)いち利モールの着物でお出かけイベントは、「旧嵯峨御所 大覚寺門跡で平安の香り体験~お香(薫物)に親しむ~」でした。

週間予報では雨の予報で心配だったのですが、前日には曇りの予報になり
なんと!!当日は秋晴れのお出かけ日和でした


今回、平安時代に親しまれた薫物(たきもの)が体験できるのは
旧嵯峨御所 大覚寺門跡の通常非公開の書院「庭湖館(ていこかん)」
襖には四季折々の琵琶湖の風景画描かれていました。

そのお部屋で、おいしいお抹茶とお菓子をいただいて、まずはほっこり
お抹茶

今回、体験する空薫(そらだき)は
おこした炭を香炉の灰にうずめて、その上に練香や香木を置いて香りを楽しみます。
今回は特別に調香された3種類の練香(「左近の梅」、「平安京」、「嵯峨御所」)で体験です。
どんな香りがするのでしょう。

まずは炭に火をつけて、灰の中に置いて灰をあたためます
お香


灰が熱くなったら、灰の上にお香をのせます
お香1

しばらくすると、やわらかい香りがただよい始めました
強く香る場所と微かに香る場所があり、みなさん香りを求めてお部屋の中を移動されていました
BlogPaint
3種類それぞれに個性的なのに、どこか懐かしく落ち着く香りでした。

空薫体験のあとは寺内拝観をしました
御影堂、正寝殿、勅使門・・・ご案内いただいた担当の方の話をみなさん聞き入っていらっしゃいました。
写真は朱塗りの霊明殿です。

拝観

当日は、御霊殿の鏡天井の雲龍も拝見することができました。
お天気によってはお部屋の中には入れない日もあるそうです。

そして、大沢池をバックに記念写真をパチリ
集合

お天に恵まれ、平安の香りにつつまれ、雅な1日でした
練香を練った手のひらにお香の香りが移り、いつまでもいい香りがしていました

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

<次回イベントは >
10月25日(土)【東京】
「秋のお江戸を散策しよう!(ランチ・ガイド付)」
お申し込み受付中です。

▼着物でお出かけイベントページ
http://ichiri-mall.jp/tokushu/05.php

わにこの妄想コーディネート大会「猫さんコーデ」の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 はじまりましたね〜! いち利モール第三回コーディネート大会! 試着室で好きなコーデを考えて投稿、グランプリに選ばれるとそのコーディネート一式がもらえるという夢の企画です!!
 しかも、一人3コーデまで投稿できるんです。日頃妄想を膨らませていたあの着物、あの帯をゲットするチャンス! まだの方はぜひぜひ\(^O^)/

 早速色んなコーデが並んでいて、ふむふむと拝見しております。他の方のコーデを見るのは、自分が思いつかない組み合わせだったりして、すごく参考になります。
 
 さて、私が応募するとしたら〜? とまた妄想の翼を広げてみました!

 実は「欲しいな〜」と思っていた帯があるんです。それは高光織物さんの烈織八寸名古屋帯『絹咲紬』(ネコ)。裂織で作られた帯です。裂織とは、着られなくなった着物等を裂いて、細く糸のようにし、それを緯糸として織る織物。「小豆三粒包める布は捨ててはいけない」とものを大切にする心を受け継いだ裂織。工房紹介の動画で、手仕事で丁寧に織られていく様子が紹介されています。ざっくりほっこりとしたポコポコの質感の裂織、大好きです。

 そこにもってきて、この猫さんの愛らしい姿! 前柄は肉球です(><)猫好きにはたまりません!

 そこでこの帯を中心に猫さんコーデを考えてみました。八寸帯なので、紬にあわせたい。妄想なので景気よく黄八丈にあわせてみました。どーん!

 
黄八丈

http://bit.ly/1wo9Z15

 帯はたしかに猫だけど、これのどこが猫コーデなの?とお思いでしょうが、今、一番ホットな猫をイメージしたコーデなんです。

 その猫とは、「妖怪ウオッチ」の「ジバニャン」。今子どもたちが夢中のアレです。うちの坊も例外なく夢中。口を開けば妖怪の話です(^^;)。

 ジバニャンは赤猫。地縛霊の猫なのでジバニャン(爆)。でもとっても可愛いんです〜! ほんとはもっと赤っぽいオレンジだけど、そこはそれ。水色のしっぽは帯締で。

 誰にもわからなくても、自分でそう命名すればヨシ(笑)密かなオトナ(?)の楽しみにゃん!

 そしてもうひとつ! こちらはあの国民的猫型ロボットをイメージ! どんなもんだい。

 
青紬

http://bit.ly/1woaKar

 なかなかドンピシャな色というわけにはいきませんが(あの色の着物は勇気がいりそう(笑))赤い首輪に黄色い鈴帯留などいかがでしょう。帯は白いポケット。四次元につながるかもしれません!

 

20140917イラスト


 今日は、ちょっと変な方向から(え、いつもですか?)の妄想コーデのお時間でございました。モチーフだけでなく、好きなキャラクターのカラーコーデをしてみるのも楽しいですよ!

 皆様も、ぜひいろいろ試して、コーディネート大会に投稿してみてくださいね〜〜〜!


着物を脱いだその後どうする? 始末がラクになるグッズの巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 毎年今頃、いつまで夏なのかと思っているような気がするのですが、今年は一気に秋がやってきて、過ごしやすい日が続いていますね。中秋の名月も、40年ぶりの早さだそうで、9月8日がお月見でした。今年の秋はせっかちなのでしょうか? 

 涼しくなってくると俄然着物を着る気が湧いてきますが(笑)、今日は着物を脱いだときのお話をしたいと思います。

 家に帰ってきて、特に暑かった日などは着物を脱ぐときの開放感、たまりませんよね(笑)。一刻も早く脱ぎたい気持ちはわかりますが、ちょっと待って。
まず手をよく洗ってから、着物を脱ぎましょう。

 外から帰った手は、結構汚れているもの。ちょっとしたことですが、着物につく汚れが軽減できます。

 それから、長襦袢と着物、帯をハンガーに吊るして、半日ほど室内の直射日光の当たらない場所に干します。汗をとばし、シワをのばすためです。

 このとき、たたんだタオルやブラシなどでさっと着物全体のほこりをはらいます。衿、袖口、袖の後ろ、裾は特に念入りに。汚れのチェックもして、もし汚れていたら何故ついた汚れなのか、お手入れに出す時に申告するとよいです。

 私は、ビロードの小座布団(ビロードを袋に縫って中に綿をつめただけ)でほこりとりをしています。我が家は猫の毛が大敵ですので、タオルよりもビロードのほうがとれるような気がして使っています。

 このとき注意したいのは、決して強い力でこすらないこと。さっと払う程度でOKです。洋服ブラシなども硬すぎる場合があるので、着物用の柔らかい毛のものがおすすめ。

 
ハンガー

 それから、帯と一緒に、伊達締め、腰紐、帯枕、帯揚、帯締めも吊るして干しておきます。着付の小物類もかなりの汗を吸っているので、しまう前に汗をとばしておきたいものです。吊るしておくことでシワもなんとなくとれるので、片付ける時も気持ちがいい!

 帯締めは汗を吸うわけでもないし、すぐに片付けてもいいかもしれません。特に猫を飼っている人は、帯締めだけは吊るしておかないほうが吉! ぶらぶらとぶら下がる房は、猫のハートにジャストミート! いつのまにかハンガーから消え、房がボサボサになった帯締めの残骸を見つけたときは涙でございました‥‥。

 話は逸れましたが、そんな帯と小物をまとめて干すのに重宝しているのが、縦型で何本もかけられるタイプののスラックスハンガーです。私はIKEAのものを使っていますががっしりとしているので、重い帯でもゆがんだりせず、横幅もピッタリ気持ちよくかけておけます。

 またこのハンガーに、着る前に一式ひっかけておけば、探したり、着る時に動いて着崩れてしまうことも防げます。

 あまりに使いやすいのでもしかして和装用!?と思うくらいです! こういう便利グッズを見つけると本当に嬉しいので、お店にいくと何を観ても「これ着物に使えないかな〜」と考えている自分がいます(笑)

 また着物や長襦袢は、礼装などは着物ハンガーを使いますが、普段に着るものだったら100円ショップのバスタオルハンガーにかけてしまいます。ちょっと袖は長さが足りなくて落ちますが、着物ハンガーを引っ張って延ばして‥‥というストレスがなく、さくっと干せるのでお気に入り。

 いずれもあまり長い時間かけっぱなしにしておくと、着物が袋になってしまったりしますので、長くても1日できちんと畳んでしまいます。

 畳むときも、綺麗な場所で。我が家は特に、猫毛注意なので畳む場所の事前コロコロが欠かせません。衣裳敷やたとう紙の上などで畳んでも。

  
20140910イラスト

脱いだ後の始末の一手間で、着物も喜んで次の登場を待ってくれるような気がします。お気に入りのお片づけ&収納グッズを揃えて、楽しくお手入れしましょう。

9月の着物と襦袢と帯と小物は?の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 急に涼しくなり30度を超える日が減ってきました。今年は秋が早く来たような気がします。20度台になってくると、単衣にも手がのびやすいですね。


 さて、9月の着物と襦袢と帯と小物は何をあわせたらいいの? と毎年1年前の事を忘れて悩む私です。

 まず着物は、9月は単衣、と言われていますが今は前半、気温によっては半ばくらいまでは夏物(絽)を着る方も。

 また本来は5月後半だけに袷から単衣に切り替わる期間楽しむという贅沢な「紗袷」も、「単衣」と考えて秋の紗袷を楽しむ方も増えています。

 襦袢は夏物で。後半は単衣の襦袢でも。半襟は単衣の季節、絽縮緬が大活躍です。絽ほど夏っぽくもなく、適度にボリュームもありでも涼しげでもあり。涼しくなってくれば単の襦袢、塩瀬などのすっきりした袷用の半襟も。

 帯は、前半は絽の帯。中旬からは単や袷用(塩瀬など)の帯をあわせます。

 帯揚げは、半襟と同じく絽縮緬が活躍です。袷の帯には袷用の帯揚げ、帯締めを合わせますが、これも透けないけど薄い、軽いなど気温に対して即したものを使います。

 


20140903

 よく、着物は先取り!といいますが、春先などとは逆に、秋に暑いのに先取りで袷の小物を持ってくるのは体感的にも見た目的にも結構厳しいですよね。色目などで秋を感じさせながら、残暑でも暑苦しくない装いが理想ですね。ご自分のお洒落ゴコロとじっくり相談してみてください。

 普段着は、気温にあわせてあまり細かいことは気にしなくてよいと思います! 絶対正しいとか間違ってるなんていうことはないけれど、衣替えの季節の知識があると自分が選んだものに自信がもてるかと思いますので、ちょっと頭の隅に「着物の季節表」を入れておくと便利です。

 いずれにせよ、9月は夏から袷の季節に移り変わっていく過渡期となりますので、中旬とか前半とか後半とか、区切りが結構曖昧です。温暖化の昨今、10月までこの曖昧時期が続くと思います。

 これは個人的な目安なのですが、27度くらいが絽と単衣の境目、22度くらいが単衣と袷の境目で(いずれも後者の上限温度感覚)暦とにらめっこしつつ、着分けています。下に着るものでも結構調整はききますので、皆さんも、自分なりの目安を見つけてみてください。


 1年十二ヶ月、移り変わる四季も二十四節気や七十二節気に分けるほど、日本人は季節に敏感でした。着物のお洒落は、そんな季節にとても関わりが深いもの。ほんの短い期間でも、その時期だけしかできないお洒落を楽しみたいですねっ。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×