アーカイブ

2015年11月

長襦袢のたたみ方、衿はどうやって畳むのが正解? の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 皆様、おかわりありませんか? わたくし、今月は風邪をひいて飛行機に乗ったら、航空中耳炎というのになってしまいまして、久々に熱を出してみたりしました。また、足がしびれてどうしようもないので接骨院にいくと座骨神経痛とのこと…‥。健康第一!!と改めて思う今日このごろです。

 そんなこんなでちとふらふらしていても、着物を着ると気持ちがしゃっきりするから不思議。帯のおかげか、背筋も伸びます。もう今日はだめだ〜と思っても、布を体に巻き付けていくと、だんだん体が支えられて、最後にしめた帯をポンっと叩けば(力士w)一日頑張れる気がします。

 さてさて、今日は襦袢の畳み方のお話です。着物とは違うたたみ方で、ちょっと簡単ですよね。平らに広げて、真ん中に向かってパタンパタンとたたんでいくだけ。

 折り目をきちっとあわせていくと、気持ちがいい!

20151125

いつもな〜んにも考えないで、ついている折り目に沿ってたたんでいたんですが、襦袢の衿のたたみ方、実は2種類あるのです。

 そのまま自然に首に添わせた形と同じでたたむ方法、肩開き部分を内側に折り込む方法。

 和裁士さんに伺ってみたら、関西仕立てで広衿のものは内側に折り込むことが多いとか。留袖や振袖などをたたむ時の「夜着たたみ」と同じ方法ですね。あとはだいたい自然な形のままだそうです。また広衿のものは着物と同じ畳み方にすることもあるそうです。

 手持ちの襦袢を見てみると、なるほど広衿のものは衿が内側に折ってありました。でも、バチ衿のものでも内側に折ってあるものも。ここらへんは、気にしないで「畳んであったように畳む」(笑)のが一番無難なのかもしれません。

 道行や雨コートも基本同じように前で袖を折りたたむ畳み方なのですが、販売時のパッケージやディスプレイで前面が見えた方がよいからという理由で洋服とおなじように、後側で袖等をたたんでいるものもあります。

 これは見た目はいいのですが、崩れやすいですし、なにより超たたみにく〜い!!面倒くさ〜〜い!!!(笑) なので、私はこの場合はついている折り目に従わず、前でたたむ方法に変更しています。

 いずれにしても、空気を抜きながら丁寧にたたんでおくと後が楽なので(ええ、自戒をこめまくっております……)正しいたたみ方で、しまっておきましょう。
 

妄想のホワイトクリスマスほっこり雪色コーデ☆の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 クリスマスが今年もやってくる、というわけで、街もクリスマスの装いになりつつありますね。うちの子もクリスマスプレゼントに何をもらおうかいろいろ考えている模様です。

 我が家では欲しいものが決定したら1週間前までにサンタさんへのお手紙を書いて親に渡すと、親がサンタさんにその手紙を届けるのでサンタさんが希望のプレゼントをくれるということになっているのですが、もう信じているのかいないのか微妙です。一昨年など「○○をください。くわしくはおとうさん、
おかあさんにきいてください」というかな〜り丸投げな手紙でした(笑)。さてさて今年はどうなることやら。

 私もサンタさんにプレゼントをもらいた〜い! 着物に〜帯に〜帯締め帯揚げ、冬はやっぱりコートじゃない? なんて欲張りな大人なところにはやってきませんね。自分でサンタになるしかない(ギリリ(歯がみ))。

 せめて妄想の中でも、とクリスマスコーデを考えてみました。

 
20151118コーデ

http://bit.ly/1j5XsgY

 ほっこり紬の代表選手、結城紬。灰桃色に亀甲で織り出された優しい丸が、曇空から落ちてくる雪のようです。ノルディック柄の帯はニットのようなほっこり感。赤い帯揚に帯締めで暖かみをプラス。半衿はミヤコレのボリュームのあるレース。新しく出た、ベロアレースやニットレースをあわせるとより気持ちも暖かくなりそうです。

 ふう〜サンタさん、これでクリスマスな帯留をプラスすれば完璧、どーよ! といち利モールのトップページに戻ると、なんだかとっても可愛い長襦袢地が紹介されているではあーりませんか。

 http://ichiri-mall.jp/ap/s.html?md=s01&spc=ICR&kw=juban_20151117&a=00&b=00&c=00&d=00&iq=54

 雪だるまさん、石畳に猫さんの足跡、ペンギン、昔話の太郎ズ(浦島、金、桃‥‥)モチーフ、キャンディに、えっ?大福!?

 うおおおおおおお!! 可愛い!! サンタさん、妄想コーデの下に長襦袢もプラスしちゃってください!! でも、どれにしていいか決められないほど迷う!!! 王道で雪だるまか、でも猫もペンギンも可愛いし‥‥遊び心では太郎ズが‥‥ うーーーん!! 困った!!(困ることはないけども‥‥)

 現実には、あるもので間にあわせているので、これが自由に選べるとなると悩むものですね〜。妄想も辛いわ〜(えええ?)。これに足袋、草履、髪型などなど考え始めると夜も眠れません!?

 
20151118イラスト

 なんて考えているうちに、本当に原稿書きつつすっかり深夜となってしまいました。だめじゃん私! でも考えてると楽しいんだも〜〜〜ん!(も〜んじゃないし‥‥)

 今夜はほっこりコーデを着てクリスマスの街に出かける夢でも見るかな〜! サンタさん、よろしくお願いしますヨ〜〜!!(まだ言ってます‥‥失礼しました!)

筥迫(はこせこ)には何が入っているの?の巻 ~ 着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 七五三シーズンですね! この季節、休日に神社を覗くと可愛らしい和服姿の子どもたちが千歳飴を持ってご家族と歩いている姿が目につきます。あどけない三歳の被布姿も、きりりと決まった五歳の袴姿も、可愛いけれどお姉さんな七歳の四つ身姿も微笑ましく、すくすく大きく育って‥‥と、他人なのにおばちゃんの涙腺は緩むのでした(阿呆)。

 さて、七歳の女の子のお祝いは「帯解き(おびとき)」という、子どもの着物の付け紐を取って、初めて帯を結ぶ人生の通過儀礼。着物も四つ身という大人とほぼ同じ作りのものになります。また帯の下には、しごき帯を結びます。

 その四つ身を着たときに胸に入れている、房やびらびらがついてる小さな箱のようなものが、筥迫(はこせこ)。気になりませんか? 白無垢や打掛の花嫁さんも懐中に入れていますよね。あの中には一体なにが入っているのかな〜と思ったことはありませんか?

 筥迫は、江戸時代の大奥や武家の女性が、打掛を着た時に懐中に入れた紙入れの一種。お金や守り札、紅板(口紅)なども入れたりしたようです。贅を競って、華やかなものを正装の時に身につけて、今で言うならパーティのクラッチバックのような感覚だったのでしょうか。サイズも現代に見られるものより大振りでした。

 それが明治に入り、庶民も身につけられるようになって、サイズも小さくなり、装飾要素だけが残りました。現代では、七五三や成人式等のお祝いと婚礼の時に、飾りとして残っています。

 筥迫のパーツを見てみましょう。

20151111-1

(わにコレ(笑)より、花嫁さんの筥迫)

 まずは筥迫本体。外側は錦の艶やかな布が使ってあるものや、豪華な刺繍を施してあるものなど、とにかく華やかです。

20151111-2

 中をあけてみると、紙を挟めるようになっていて、鏡がついているものが多いです。「はこせこ」と言っても、箱になっているわけではないのですね〜。

 それを開かないようにまんなかで留めているのが「胴締め」。

 胴締めには、胴締めを締める紐がついていて、その先にぶら下がっているのが「落とし巾着」。匂い袋やお守りが入っているのですが、これは帯にはさんで筥迫が落ちないようにストッパーになる役割のものです。よくこの袋が可愛いので外にぶら下がっているのを見かけますが、帯の中に仕舞うのが本来の使い方です。

 そして、飾り房。筥迫の上部、胴締めに差し込みます。赤いもの、白いもの、ハーフ(笑)、金、撚り房のもの、切り房のもの‥‥。これが胸元からこぼれて揺れると、うっとりしますね〜(ええ?私だけ?)

 この飾り房と同じところに、ビラ簪(かん)という銀のびらびらがついているかんざしを飾りとして差し込むこともあります。

 七五三の筥迫は、可愛らしい色もいっぱいありますね。帯締めや草履、扇子やビラ簪、バッグなどとセットでトータルコーディネートのものなど、見ているだけで頬が緩みます。

 花嫁さんの筥迫は、懐剣や抱え帯、扇子などとセットになっていて、これまた凛とした美しさがあります。

 成人式や十三参りではほとんどつけることはありませんが、扇子などと共に、身につけてもおかしくない小物だと思います。

20151111_3

 以前取材で、この筥迫を研究している「筥迫工房」の山崎さんにお話を伺ったのですが、お嬢さんの七五三のときに自分で作ってあげたいと思ったことが自作のきっかけだったとか。

 山崎さんの筥迫作りワークショップは大人気で、自分の結婚式に自作をしたいという方はもちろん、七五三や十三参り、成人式やお嫁にいくお嬢さん・お孫さんに作ってあげたいという方も多いそう。自作の筥迫にお守りやお手紙、大切なものを入れて、お祝いの正装の胸元に忍ばせるなんて、素敵〜〜〜〜!!! これは大切な記念の品になりますよね。

 番外編ですが、自分の楽しみのために作っても。お遊びで普段着に薄いタイプのもの、小さなものを作って、名刺入れやプリペイドカードなどを入れておくのも楽しいです。布で出来た名刺入れに房をつけるだけでもなんちゃって筥迫気分を味わえちゃいます。胸元にカード入れが入っていると、結構便利ですよ! 房がついていると取り出しもしやすいです。お茶のときの、お懐紙や帛紗を入れている感覚に近いかも?

 小さな箱形に細かく細工をしてある筥迫は、日本人の美意識をぎゅっと封じ込めたかのよう。七五三のとき「開けてはいけない」と言われた記憶がある方も多いのでは。小さな美しい筥迫の宇宙を覗いてみませんか。
 

気仙沼・たかはしきもの工房の工場見学してきました☆の巻 ~ 着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 先月のオハナシです。私、かねてから一度行ってみたかった宮城県気仙沼市に初上陸いたしました。行ってみたかった訳はというと、そこにはあの「たかはしきもの工房」があるからです! 

 気仙沼出身のキモトモ(着物友達)が教えてくれた「満点スリップ」がきっかけで、三年前にいち利モールのイベントへ女将の話を聞きに行き、以来すっかりたかはしファンのわにこ。愛用の和装小物たちがどんなところで生み出されているのか、一度見てみたい!とずっと思っていました。

 今回は取材ということで、特別に満点スリップをはじめとする、たかはしのアイデア和装小物を縫製している工場にお邪魔させていただきました。

 まずは本店に伺うと、お店のスタッフさんが笑顔でお出迎えしてくださいました。お店の外観はこんなかんじ。じゃーん!

20151104-1

 写真撮らせてくださーい!とお願いすると素敵な女将のちょー笑顔!! なんでしょうかこの可愛らしさ! 私もつられてちょースマイルでございます。 
 そしていよいよ店内へ! わにこの妄想では、たかはしの和装小物がズラリと並んだ店内を想像していたのですが、前面にはあまり並べられておらず、ちょっと素敵な洋服やバッグやスリッパも置いてあったりして、その奥に着物があるような、とってもきさくな店構えでした。

 しかしてその奥の事務所では‥‥パソコンを操るスタッフさん、全国へ出荷作業をしているスタッフさん、工場から製品を運んで来るスタッフさん‥‥皆さん忙しく立ち働いています。

 お店から車で約10分、工場へ案内していただくと、新しい建物の中で女性たちがきびきびと働いていました。震災後、街はすっかり変わり、土地も嵩上げされ、道路も新しくなり‥‥そんな中で設備を整えたこの小さな工場(「工房」のほうがピッタリくるかも!)から、あの私たちのおキモノ生活を便利にしてくれるたかはし製品が生まれているのですね〜。

20151104-2

 工場のスタッフさんは皆さん気仙沼の地元の女性達。それぞれ得意の行程をいくつか受け持って作業をしています。ちょうど、楊柳生地の裁断をされているところも見学できたのですが、何十枚も重ねた布を型紙通りにカッティングしていく姿は、かっこ良くって惚れ惚れ。ミシン、アイロン、エトセトラ、手際よく、私も使わせていただいているあれやこれやが出来上がっていく様子をみていたらじーんと感動してしまいました。

 出来上がった製品は、きちんと検品されて、畳まれ、赤い風呂敷に包まれて、お店へと納品されていきます。そこからまた、注文した人や、お店に届けられて‥‥。

 たかはしの製品に感じるあたたかさは、こうやって互いに目が届く範囲で、スタッフさんたちが一緒につくりあげている、その「ものづくり」の気持ちがこもっているからなんでしょうか。

 そんなことを思いながら、お昼ごはん(無論、秋刀魚焼き定食です!)を食べていると、窓から気仙沼港にキレイな虹がかかっているのが見えました! 

20151104-3

 とてもあの震災の津波があったとは思えない静かな鏡のような水面の内湾。でも、周りにあった家、建物はなくなり、土地が造成されている最中で、巨大な防潮堤も建設され始めており。たかはしのお店にも「ここまで津波がきたんだよ〜」という、跡が残っていました。

 そんな一言では語れないような大変な状況の中で、女将とたかはしのスタッフの皆が一丸となって「きものをたのしく、やさしく、おもしろく」と、様々な困難を乗り越えて、笑顔で作ってきた、満点スリップをはじめとするアイデア小物の数々。便利でラクなのはもちろん、作られている現場を見てより一層、好きになりました。

20151104

 着物もそうですが、作っている人の顔が見えるというのは、安心できるし、大切に思えます。どこでどうやって作られたかとか、作り手さんの気持ちとか、職人さんのコダワリとか‥‥。ものづくりの現場を見て納得することは、ものへの愛情もまた、深めてくれるのだなあと感じた気仙沼の旅でした!


<写真撮影:渡部瑞穂(昭和な家)>



 いち利モールのたかはしきもの工房ページはこちら

http://ichiri-mall.jp/lp/manten/ 
 

このページのトップヘ

見出し画像
×