カテゴリ:

本日のコーディネート帖【定番紬だからこそモダンな帯で楽しむ】
西陣「帯屋捨松」の帯コーデ第2弾。

今日は、鮮やかなイエローの帯地をベースに市松柄を象った帯を選んでみました。

市松柄の一つ一つをみていくと、色の細部にまでこだわった糸が織り込まれています。分業制が多い西陣の中でデザインや糸選びを、自社で製作を行うこだわりが帯を通して見ることができます。

この帯を引き立てるために選んだのはベージュの真綿結城紬。

定番色だからこそ帯はモダンなもので粋に着こなしたいものです。

帯〆はピンクと抹茶色の冠組。締め易く緩みにくいのが特徴。
コーディネートの変化をつけるために1本は手元において置きたいものです。

【渡辺撚糸】結城無地  40,500円
http://ichiri-mall.jp/ap/f.html?md=f04&id=0209087005&spc=ICR

【帯屋捨松】西陣八寸名古屋帯  57,000円
http://ichiri-mall.jp/ap/f.html?md=f04&id=0200975000&spc=ICR

【衿秀】帯揚(二色ぼかし) 4,050円
http://ichiri-mall.jp/ap/f.html?md=f04&id=0221809002&spc=ICR

捨松2