カテゴリ

カテゴリ:コラム:きもの旅

須坂クラシック美術館から牛に引かれて善光寺!?★長野・着物旅その2の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
20160518

 さてさて、ゴールデンウィーク着物旅2日目。善光寺の宿坊で宿泊した私達。善光寺は誰でも御詣りできる無宗派の寺とされていますが、天台宗と浄土宗が交代でお守りしており、「院」と名のつくのが天台宗、「坊」とつくのは浄土宗の宿坊なのだそうです。日の出とともに行われるお朝事(あさじ)に参加するため、早朝から雨の中、善光寺へ。

20160508_1

 無論、着物しか持ってきていないので着物です。洗える着物にしてよかった……と思う結構な降り。コーディネートも前日の赤備えから紫の小物に替えて、サップコートを羽織って御詣り仕様に。宿坊の案内人さんと住職のご案内で本堂で朝の御勤めに参詣し、お戒壇巡りをし、お数珠頂戴もしました。一昨年亡くなった母の供養もお願いできて、外に出る頃には雨も止み、空が明るくなってきて、なんだか心も洗われたようでした。


 朝食をいただいて、善光寺から長野駅に移動して長野電鉄の駅へ。2日目の今日は長野市と須坂市のコラボイベント「信州きものDAY」に参加するため東京からやってくる総勢10人(!)のキモトモと待ち合わせ。この時、まだ朝の9時半。事前申し込みで須坂〜長野の電車の往復切符と美術館入場含めて1000円というオトクなチケットを握りしめいざ、須坂へ!


 須坂では、ゴールデンウィークの恒例行事となっている須坂クラシック美術館の「大正昭和きもの 春の大虫干し会」へ。所蔵の銘仙コレクションを広間で虫干ししている様を間近で見られるとあって、キモトモたちが何度も訪れているという憧れの展示。今回、初めて実際にやってきたのですが、風情のあるお屋敷にたくさんの銘仙がかかっている様は圧巻。こ、これはまるで、銘仙の宝石箱やぁ〜〜〜!!! 銘仙の森に迷い込んだみたいです。

20160518_3

 とても間近で見る事ができ、手袋をしていれば触ってみる事もできます。銘仙好きにはたまらない展示ですね。


 近くの蔵のまち観光交流センターの「きものフリマ」では、和小物や古い着物や帯がで並んでいて、几帳に鶴に房(!)の美しい袋帯や下駄、伊達衿などをびっくり価格でゲット。ハンドメイド作家さんの可愛い房の帯飾りも、キモトモみんなで買っちゃいました〜。

 風情のある蔵の街をぶらぶら歩いて、お蕎麦やさんでランチ。呉服屋さんのステキ展示を覗いて、清水の舞台から飛び降りる人の背中を押したり(ええ)気分が盛り上がったところで、また長野電鉄で権堂駅までまた移動。「着物姿で牛にひかれて善光寺参りをする」という行事に参加するためです。

「門前まち花遊歩」というイベント、善光寺までの参道に花のアートや出店が並んでいてたくさんの人でにぎわっています。そこで牛さんのいるところに集合した我々。総勢60人余で、牛がひっぱる紅白の縄を持って、善光寺を目指します! いやはや壮観でした。

 まさに文字通りの「牛に引かれて善光寺」です。でも、最近の若い人はこの言葉をあまり知らないようで、キモトモが「善光寺で牛に引かれてくるわ」と娘さんに話したら「ご、拷問!?」って、それ四つ裂きの刑ですかぁぁ〜〜(恐怖)

 皆様はご存知だとは思いますが「無信心で業突く張りのおばあさんが洗濯をしていると、その布を牛が角にひっかけて走っていってしまった。おばあさんは布を取り返そうと牛を追って走っていくと、気がつくと善光寺の境内にきてしまった。そこで牛は消え、おばあさんは無信心を恥じて信心をするようになり、極楽往生をとげた。その牛こそは観音様の化身だったのだ」という説話がもとになっている言葉です。

 いやあ〜それにしてもまさかリアルで「牛に引かれて善光寺参り」をする日がくるとは! よっぽど布(着物)に執着しているということでしょうか(笑)。でも、それで善光寺参りができたのですから、この煩悩も少しは消えるのかな〜。否、周りを見るとさらに燃え上がっているようにしか見えない(笑)。実際、フリマで買った戦利品とか、どっさり持ったまま牛に引かれてるし(爆)。

20160518_2

 牛にひかれる着物の人たち(笑)

 無事山門前に着いて答礼を受け、庭園で着物の記念写真を撮影していただいた後、大本願のお上人様の講話を伺いました。お上人様は代々宮家
や五摂家出身の女性が勤められており、現上人様は鷹司家のご出身とのこと。着物で参加の私達にあわせてくださって、お持ちの小袖屏風についてお話をしてくださいました。


 小袖屏風とは、誰袖風に屏風に実際の古裂を貼付けて仕立てたもの。ご自身の小さな頃の着物や、お母様がお持ちになっていた戦後の苦しい時代に手放してしまった襲ねの着物の残り布や、お母様が刺繍された絽刺しの毬紋様などが美しい屏風に仕立てられており、それにまつわる歴史と想い出深い着物の話をして下さいました。人生を信仰に捧げてこられた87
歳になられるお上人様の「着物」への想いを伺えたことが、どんな法話よりも心に深く響いた気がします。

 その後イベント主催のNPO法人長野都市経営研究所の皆さんとイベントの感想などを述べ合うワークショップがあった後、解散。本当に楽しいイベントをありがとうございました!

 大本願の御朱印受付所はもう受付時間を過ぎてしまっていたので、御朱印帳を握りしめて善光寺へ戻り、無事御朱印をいただいて、今回の善光寺参りは完了。

 参道をぶらぶらと長野駅までキモトモさんたちとそぞろ歩き、今回のツアーの水先案内人の長野キモトモご夫妻と合流して打ち上げ! 長野と言えば、NAGANOワインですよね〜。イケメンソムリエが店長のイタリアン「オステリアガット」で乾杯。飲んで食べておしゃべりに花が咲いて、あっという間に帰りの新幹線の時間となりました。

 いやいや本当にてんこ盛り楽しんだ信州長野きもの旅でありました。

 須坂クラシック美術館の銘仙の虫干し展示は、着物を替えて秋にもあるそうで、秋に蔵の街須坂へのんびりワンデイトリップもいいなあ〜なんて思ったり。また、着物で気の会う友人たちとそぞろ歩くのがとにかく楽しい!! キモトモたちが何度も何度も須坂&長野を訪れているわけがわかりましたよ〜。

 新幹線でひとっとび、長野はとっても近かった。皆様も、ちょっと足を延ばして信州きもの旅、いかがですか? 

写真提供:渡部瑞穂(昭和な家)
 

気分は真田丸!?上田紬工房見学にいってきました★長野・着物旅その1の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 大型連休はいかがお過ごしでしたでしょうか? あれもやろう、これもやらねばと思っていたのに、あっという間に終わってしまったような……。でも、今年はずっとやりたかったことをしてみました! それはゴールデンウイークきもの旅行。
 
 長野県須坂市のクラシック美術館では、毎年ゴールデンウィークに所蔵の銘仙が公開される春の虫干しイベントが行われています。キモトモが皆でおでかけしているのをずっと指をくわえてみておりましたが、今年は「信州着物デー」として、5月4日に須坂クラシック美術館虫干しに加えて着物フリーマーケット、そして善光寺で着物姿で牛にひかれて歩ける(えっ?)盛り沢山なイベントが開催されると聞き、子どもも大きくなってきたし……と、思い切って行ってみることに!

 そして、せっかく行くのならと、大河ドラマ「真田丸」で話題の上田市も訪ねてみようと、キモトモと、信州上田〜須坂〜善光寺1泊2日のオトナの着物旅へどーんとでかけてしまいました!

20160511

 朝は東京駅始発だし、並べばいいでしょなんて指定もとらずに行き当たりばったりの呑気な考えで金沢行きの北陸新幹線のホームに向かうとそこには溢れ変える人、人、人! 乗る予定の新幹線が入るホームにも近づけず、どこに並べばいいかもわからない状態。上田まで1時間ちょっと、いきなりすし詰めの新幹線で立って乗っていく羽目に(汗)。すみませんゴールデンウイークをなめていました。ごめんなさい!

 人の乗り降りが激しくて、新幹線遅れながらも無事1時間ちょっとで上田に到着。同行のキモトモと、長野在住のキモトモと無事合流できました。上田は、どこもかしこも六文銭と赤備え。真田丸で盛り上がっています! 私も今年はとても楽しみに大河ドラマを見ているので(鎧兜と草刈正雄とか草刈正雄とかを)へこたれかけた気持ちが一気にアップ!(単純)歩いて上田城に向かいます。

 まずは真田藩主居城跡の門がそのまま残されてる県立上田高校の校門を見学。歴史を感じる町並みを歩きつつ、いよいよ上田城へ。まずは大河ドラマ館へ向かうと、なんとこれまた人、人、人!! 入場券を買うまでに1時間以上並ぶ勢いです(><)さすがゴールデンウィーク、さすが真田丸人気!

 駅で入場券を購入しておいてくれたキモトモのおかげで、入場待ちの列に30分ほど並んで無事中に。一人でじっと立ってた新幹線と違って、おしゃべりしながら並ぶのは楽しかったです(笑)。上田城址の真田石、真田井戸、櫓から河岸段丘を眺めて、上田城が落ちたことがないので「落ちない」縁起で有名な真田神社にこれまた初詣級に並んで御詣り。限定御朱印もしっかりゲット。

 上田市民のソウルフード、福昇亭の五目あんかけやきそばをこれまた並んで食し、子どもの頃大好きだったみすず飴の飯島商店本店でみすず飴をゲット。上田はすっかり大河テーマパークの様相で、上田出身のキモトモが「こんなに上田に人がいるなんて!」とびっくりしていましたよ。

 そして、キモノ的上田観光ハイライトとして、上田紬の工房見学へ。車で移動することしばし、小岩井紬工房さんに到着。いち利モールでも紹介されている工房で、若いご主人が出迎えてくださいました。

http://ichiri-mall.jp/koubou/list/koubou30.php

 上田紬は、大島、結城と並んで三大紬のひとつとして江戸時代から愛され、その発祥はやはり真田氏に繋がります。上田城を築いたときに真田昌幸がはじめた真田織が元となり、江戸時代に仙石氏が発展させて「三裏縞(三回裏を取り替えて仕立て直せるほど丈夫な縞の紬)」といわれるほどの丈夫さと飽きのこない縞模様で人々に愛用されてきました。縞や格子が特徴の手織りの紬は、経糸が光沢のある生糸で、緯糸が真綿から紡いだ紬糸。ほどよい光沢と素朴な風合いが魅力です。

 小岩井紬工房では、上田の名産「林檎」を使って染めた糸での製作もされています。なんとも言えない優しくふわっとした黄色で、淡い100%林檎ジュースのような色。ほんのり爽やかな香りが漂ってきそうです。林檎色林檎の品種によって染まる色も違い、同じ黄色でもたとえばフジはオレンジっぽくなり、シナノゴールドは黄色味が強くなるそう。草木染めは手もかかるし大変ですが、こだわって染めているそうです。

 また手織りにもこだわって、工房には機が並んでおり、平日は織り子さんたちが機音を響かせています。中に不思議な太い糸がかかっている機があり、なにかと思ったらなんと、精密機械工場の設備で使われる素材を銅線で織っているのだとか。とても力が必要で手織りでしかできないそう。意外なところで先端技術とも関わっていてびっくりです。

 不定期ですが、土日には「織の休日倶楽部」として機をお借りして、一日でストールを織り上げる体験もできるそうですよ。普通1日でできる織体験というと、コースターとか敷物が定番。その後の処遇に意外と困る(笑)のですが、なんとストールができるなんて! これはやってみたいかも〜〜!

 また、ワイナリーの依頼をうけて製作中という「葡萄染」の糸も見せていただきました。シャンパンゴールドの糸、キレイでしたよ〜! 草木染の淡い色、その優しい風合いがとても素敵でした。

 ギャラリーで拝見したパッキリとした濃い色で格子のものなどもまた素敵で、また欲しいものリストが増えてしまったわにこです。あー着物沼は果てしないわ〜。ないわ〜。ないわ〜(木霊)。

20160511_3

 魅惑の反物、帯の他にも織で作ったという、真田紐風の帯締めなども見せていただいたり、赤備えの上田紬の扇子や小物にキャーキャーしたり、伝統を守りつつ新しい事にも挑戦していこう!というご主人の気概やお話、とても楽しく拝聴させていただきました。工房見学は予約不要だそうなので、上田にいかれたらぜひ見学されてみてはいかがでしょうか。

 大満足で、善光寺に移動。宿泊は昨年の京都への旅で味をしめた(笑)宿坊にしました。母の供養もお願いしたくてお朝事にも参加することに。長野きもの旅、まだまだ続きます!(来週につづく。えっ!)

20160511_2

<今回のコーディネート>
 1泊2日ということで、着物と帯は同じで、帯締・帯揚だけでどこまで印象が変わるかにチャレンジ! 帯は上田城に行くし、端午の節句も近いということで縅毛の紋様のものをチョイス。2日目が雨予報だったので着物は洗えるむじな菊の江戸小紋風にしました。写真では色が変わって見えますが同じです。
 1日目は甲冑風!?真田丸気分の赤備えで。テンションがあがります! どんどーん!
 2日目は善光寺参りがメインなので、紫で。上に薄物の道中着を着ればお寺っぽい!?
 結構、帯締・帯揚だけでも気分が変わることが判明しました。
いつか上田紬で里帰り旅行行ってみたいですね〜\(^O^)

写真提供:渡部瑞穂(昭和な家)


鹿の鼻アタックも大丈夫☆最強旅行着!?フルレングス道中着の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。先日1泊2日で奈良ににいってきました。少し寒さが緩んでいたので、アウターは大きなストールをフルレングス道中着の中に着込んで出かけました。

 わたしのフルレングスの道中着は、洗える着物の反物をマイサイズで雨コートのような形に袷で仕立ててもらったもの。道中着の形で、裾までしっかり着物をガードしてくれます。チリよけにもなるし、寒い季節の雨コート代わりにもなるし、なかなか優れものなんですよ。

 あと、キレイ色で作ったのでとても華やかで、下はどうでもこれを着ていると「あら、いいですね」とよく褒められます(笑)。

 先日は、この下に振袖を着て出かけました(ええ)。お袖を身体側に収納することで振袖とはばれずに外出できます(ええ)。コラムに書きましたら「腕がむきだしで寒くない?」と質問をいただきましたが、そこはアームカバーで寒さガードをしました。説明不足で失礼しました。

http://ichirimall.ldblog.jp/archives/47710286.html

 ポリエステルなので、暖かさという点では正直点数は低いのですが、下に羽織を着たり、大きなストールをたっぷり巻いたり、アームカバーをしたりすると結構あったかいのです。

 そして、これを愛用する理由は……洗えるので汚れても平気!! 大事な着物を守ってくれるからなんです。もう少しあたたかくなると、やっぱりフルレングスの薄い単衣のちりよけを着ます。やはり絹の着物や帯はなるべく汚さないで大切に着たいですから、どこへ行くにも徒歩や公共交通機関を使う身としてはこういった自衛手段をとったほうが安心。急な雨にも、安心です。

 雨コートでも代用できます。でも二部式より一部式のほうがさっと羽織れるので私はお気に入りです。いち利モールさんの『楽雨』シリーズとか色や地紋が素敵で、雨じゃなくてもちりよけにも使えそうなので、ワンピースのもほしいなぁ〜。

 さて奈良にはお仕事で行ったですが、朝ちょっとだけ時間があったのでプチ観光で鹿に会いにいってきました! 実は人生、初奈良\(^O^)/ 奈良と言えば、大仏と鹿ですよね〜。大仏までは見に行けないけど鹿に会いたい! と言うと「鹿は野良だからそこらへんうろうろしてますよ」とか「そこらへんにいくらでもいる」「県庁にはみんな鹿に乗って通勤している」とか色んな情報が!

 とにかく奈良公園にいけば会えると言われて、早朝行ってみると、鹿せんべいを売っているおじさんが。1ついただいて話を伺うと、鹿は野生です。おせんべいが欲しくても鳴けないので、ついてきたり押したりしてくるけど、大人しい動物なのでびっくりしたりしないで、と言われました。

「はーい」と返事をして公園に向かうと、い、いるわいるわ!! なんか鹿がふつ〜〜にウロウロしてます。動物園でしかみたことないからびっくり!!! 

そして、足元には噂の鹿のフンが本当にゴロゴロと(笑)はあ〜、吉永さゆりさんのあの歌は嘘じゃなかったのね〜。

 感心しつつ、早速せんべいを取り出すと、何頭かの鹿がさ〜〜〜〜っとこちらに向かってきます! あげると、むしゃむしゃ。可愛い!!!! はい、はいとあげていると、後ろからきた鹿にどすっ、と鼻アタックをうけてヨロッ(笑)。わわわ、とよれっていると、カバンから出ていたパンフレットをムシャッ!と齧りとられ(笑)

20160210

 その場を離れようとすると、かなり長い距離鹿さんについてこられました。あとで、両手をあげて「おせんべいもうないよ」とアピールしないとついてこられるそうです。なーるほど。

 ここで一首「諸手上げ せんべいなきこと示さざる 人にはつけよ 鹿の鼻跡」(お粗末!)

 鹿の鼻はけっこう湿っていて(^^;)、ちょっと道中着は汚れてしまいましたが、平気です! だって洗えるんだもん。帰ってからその話をしたら、皆さん結構鼻アタックの犠牲になっているんですね。絹の道行やワンピースが汚れて泣きました〜というお話も。

 これ、大事な帯とかにアタックされたら悲しすぎる〜〜〜!!

 そんなわけで、やはり外を歩くときはフルレングスの道中着、おすすめです! そんなに鹿に会う事はないと思いますが……(^^;) その後は興福寺で阿修羅像と国宝ボーイズを見て、御朱印をいただいて、プチ観光満喫しました〜!
 いつかまたゆっくり観光したいなあ。

 フルレングスの道中着のいいところをあともうひとつだけ。ホテルで廊下の自動販売機に飲物を買いに行きたいけど、もうお風呂に入ってパジャマだ‥‥というときも、これを羽織れば出られます(笑)

 市販ではあんまり見かけないのですが、もっとあってもいいのになと思うんです。雨コートを別に持つ必要もないし旅行には最強!と思っております。いち利さんで商品化されませんかね? そんなわにこの愛用品のお話でした!
 

京都きもの旅2☆きものパスポートを持って紅葉狩りの巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 先週のお話です。急に冷え込んで、少し遅い紅葉が美しく色づいた京都に行ってきました! 今年は、比較的暖かい秋のためか紅葉が遅れたようで、例年見頃は11月下旬と言われていますが、12月の頭に見頃になった場所も多かったようです。

 最初日程を決めた時にはもう終わっているだろうなと思っていた紅葉が見頃とあって、お仕事と絡めながらではありますが、空き時間に秋の紅葉狩り観光をしました。なにしろ人生で3度目の京都のわたくし。見るもの聞くもの食べるもの、ぜ〜んぶ感動の超観光客!

 そして今回もまた、ずっと着物での移動だったので、スマホのアプリで「京都きものパスポート」を入手していきました。キモトモは駅で冊子をゲット。駅などでの冊子配布のほか、HPのプリントアウトでもOK。冊子は地方発送もしてくれます。(寺院・神社ではスマホアプリ画面の提示では利用できません。HPのプリントアウトか冊子をお持ち下さい)

20151209_3

 きものパスポートとは、着物を着て提示すると約450のお店や施設で特典が受けらるお得なもの。京都で着物を着ている人を増やそうという取り組みで、今年で15年目を迎えます。

http://kimono-passport.jp/

 レンタル着物も普及しているようで、あちこちでお嬢さんたちが着物に半幅で、髪に花飾りをして歩いていました。余計なお世話だけど、帯付きはもう寒そう? 寒いのはおばちゃんだけ? とか思いながら(笑)、楽しそうな笑顔に、これをきっかけに着物好きになってくれるといいな〜と思うのでした。

 着崩れたら、「きくずれレスキュー」という着崩れを直してくれるお店もいっぱい。これは初心者でも思い切って着てみよう!という気持ちになれるかもしれませんね。まずは着てみることからですから!

 初日は、いち利モールさんにご挨拶にいき、その後ずっと行ってみたかった清明神社にお参り。こちらでは修学旅行生ときものパスポートを持っている人に「百千寶」という金運上昇のお札を授けてくださいます。私もゲット\(^O^)/ 金運上昇祈願\(^O^)/ 切実!(笑) 桃を撫でて、厄を落として、追悼かねて、水木しげる先生の「安倍晴明公物語」をゲットしました。

 またその近くの白峰神宮にも。蹴鞠の守護神が祀られており、サッカーはじめ球技、スポーツ全般の上達祈願の修学旅行生でにぎわっていました。全日本はじめ有名なサッカー選手のボールがたくさん奉納されていましたが、残念ながら門外漢で「凄そう」としかわからず。好きな方が見たらめっちゃ盛り上がりそうです! 私も、子どもが空手で頑張っているので、上達とご加護をお祈りして「闘魂守」をいただいてきました。

 次の日はお昼に南禅寺で湯豆腐を食べに「順正」さんへ。ここでもなんとお料理のコース10%オフ。ビバ!きものパスポートですね。綺麗なお庭を眺めながら、初★京都湯豆腐です。

20151209_2

 その後友達が穴場だと教えてくれた、くろ谷に移動。新撰組結成もされた金戒光明寺で、にわか歴女気分になってみたり(笑)。池のほとりで紅葉を眺めながら、石碑のご詠歌「池の水ひとの心に似たりけり 濁り澄むこと定めなければ」が心に染みます‥‥。最近ブーム(?)のアフロ石仏さんも見物。

 次に紅葉の名所、永観堂に向かって歩く道中で、「ふさひも工房 なかお宗」という房好きには見逃せないお店に立寄りました。小さな店内には、伝統の組紐(くみひも)の技術を活かしたお土産が。大きな房も展示されていて目の保養(><) 最高級の絹糸で作られるという房は、さらさらとやわらかくなんともいえない触り心地でした。ずっと欲しかった濃いグリーンの帯締めがあったので、購入しちゃいました。

 紅葉のライトアップを目指して永観堂にたどり着いてみると、昨日でライトアップは終わりました、とのお言葉。え〜! 紅葉は綺麗に色づいているのに‥‥刻々と日が暮れて行く中、まだ知恩院ではライトアップをしていると聞き、タクシーで移動。すごく並んで待って入るのよ! と言われていたライトアップですが、季節外れのためかすぐに入場できました。しかもここでも拝観料が10%オフです。すごいな、きものパスポート。

20151209_1

 昼の陽の光に揺れる紅葉とはまた違い、ライトに照らされて夜空に煌めく紅葉はまた一興! 順路を歩くとなんだかテーマパーク気分でウキウキに。季節も終わりのためか、人も少なくゆっくり見て回れました。

 途中でお茶席があり、お庭を眺めながら一服。主菓子もまた紅葉の練切でうっとり。朱と闇のコントラスト、水面や石段に落ちた紅葉もまた本当に美しゅうございました〜。

 ライトアップ満喫後は、祇園に移動しておばんざいで夕食。京都南座の顔見世公演を見ていた友達と合流して、お宿に戻りました。そうそう、南座もきもので観劇すると特製手ぬぐいがもらえて更に番付も10%オフになるそうですよ。着物で京都、お得すぎます!

 次の日は、早朝お宿の近くの京都のお伊勢さん、日向大神宮に参拝にいきました。ここもまた紅葉が美しくて……。天岩戸をくぐって厄払い。朝の冷えた空気の中、清々しい気持ちになって、大阪でのお仕事に向かいました〜!

 紅葉も楽しみ、関西のお友達にも会え、神社仏閣もお参りできて、本当に心洗われるよい旅になりました。

 今回の私のきものスポート体験はこれくらいですが、紹介しきれないくらいたくさんの特典があります。有名な神社仏閣、美術館などをはじめ、着物関係のお店、飲食やカフェ、宿泊、体験エトセトラ。10%オフになるタクシーも。

 今回はかなり行き当たりばったり(汗)でも結構特典を受けられましたが、事前にシュミレーションして行けば、もっともっと楽しめると思います。私は時間があったら体験系にチャレンジしてみたかった! ほとんどがかなり早めに予約を入れなくてはいけないので、調べてみてくださいね。房とか房とか房とか、作ってみたいなあ〜(そればっかり)。

 京都に行くなら、ぜひ着物で。そして「京都きものパスポート」をお忘れなく! です。
 

大島紬の里帰り。奄美大島へのの(布)旅してきました☆の巻 ~着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 気がつけば師走。すっかり冬模様、町はクリスマスの準備に入ってきましたね。今年の5月に妄想1泊着物旅行のコラムhttp://ichirimall.ldblog.jp/archives/44284867.htmlを書いたのですが、この時点でなんと着物での旅行をしたことがなかったわにこ。

 

 それが、コラムを書いてから大阪・京都3泊、気仙沼2泊、ついには奄美大島まで行ってしまいました。今週は明日からまた京都・大阪2泊です。お仕事でとはいえ、まさかこんなにすごい勢いで夢が叶うとは思いませんでした。妄想でもなんでも、口に出してみるものですねっ!

 先月行った奄美大島では、まさに「軽くてシワになりにくく、水にも強い」とイラストに描いた大島紬で旅してきました。

 大島紬はご存知の通り、鹿児島県の特産品。特に奄美大島で生産されているものを本場奄美大島紬と言います。先染めの糸を手織りで絣あわせをして精緻な模様を織り出す伝統工芸品です。

 奄美大島観光大使の山中順子さんにご案内いただいて、「のの旅」としてその本場大島紬が生まれる工程を見学してきました。のの、とは大島紬のこと。機織りは「ののうり」、大島紬に関する仕事全般も「ののする」というように、言われるそうです。

「夢おりの郷」さんでは、図案の作成から糸くり、締機(しめばた)、テーチギ(車輪梅)染めから泥田での泥染め、機織りなどの工程を一通り見学しながら説明していただきました。

20151202

 図案は設計図。数学的でとにかく細かい!! 繰り返し織って成立するように点対称、線対称に設計されています。泥染めは、何度も何度も、濃い濃い黒になるまで染めていきます。何事にも、中途半端さが感じられません。そしてずっと本などで読んで「締機をして色を染めてまたほどいて織る」というのが「???」だったのが、実物を見てやっと理解できた気がします。

 大島紬は分業制。締機は力がいるので男性の仕事。細かい機織りは女性の仕事とされてきました。機織りは、4、5センチ織っては、機をゆるめて縦絣を針などを使って丁寧に整え、図案が綺麗に織り出されるように合わせていきます。こうするとまるでピントが合うように、模様がシャープになっていくのが凄い。とても時間がかかり、気が遠くなるような作業です。織り上がった部分にはてぬぐいをかけ、汚れないようにしながらさらに織りすすめます。これを一反約12メートル(気絶)。

 工房には男性の織り子さんもいて、インクジェットで染めたという美しい虹色の糸を織っていました。新しい表現も、どんどん生まれているのですね。

 また集落で、昔ながらに織られている工場にもお邪魔したのですが、屋内で昔ながらの機で緻密に織られている紬と、開け放たれた窓の外に見える南国のバナナ畑がなんともいえないコントラストでした。

 織り賃も安いしね、ボケ防止よ、と笑って機を織る年配の女性に「あなたにとって『のの』って何ですか」と聞くと、生活ね、という答え。女性たちの生活の糧となってきた「機織り」。島の暮らしとは切っても切れないものがあるのでしょう。

 また、「興紬工房」さんでは、大島紬の振袖も羽織らせていただいたり。夢のように軽くて、桜の羽衣のようでした。目からウロコ(@@)の魅力発見! ひとことで大島紬と言っても、伝統柄から、泥、藍、白、色‥‥‥様々な染めと技法で織り出されている芸術品のようなものまであり、その魅力はとても奥深く。

 分業制の中、職人さんや織り子さんたちが競い合って完成度をあげてきたという、のの(大島紬)にかかわる人たちの気の遠くなるような緻密な作業と根気強さ、そして情熱を強く感じました。

 前田紬工芸さんでは、ちょうど時期が11月の頭だったので、大島紬の羽織袴で七五三のお参りにいってきたというお子さんにも会いました。白大島の羽織が、きりっと白く光沢があり、とてもかっこよかったです。

 

 大島紬を着ていると、島の皆さんに「大島紬ですね!」と笑顔で迎えていただけました。お話を伺うと、大島紬は島では正装。成人式も、結婚式も、お茶会も大島紬で出席されるそうです。お写真を見せていただきましたが、全員大島紬のお茶席には、きりっとした美しさが。島の皆さんの大島紬への誇りが伝わってきました。

 大島紬というといままでは「高価」「贅沢」「でもカジュアル」というような印象を強く持っていたのですが、今回の旅で様々な形で大島紬に関わっていらっしゃる皆さんのお話を伺うことができ、今までとはまた違った気持ちで大島紬とおつきあいができそうです。

 また、すぐには新しく買うことはできなくても、持っている大島紬に改めて愛着を感じることができました。本当に軽くて、旅の間全くストレスなし!  仕舞い込まずにどんどん着なくちゃもったいないなと実感。

20151202_2

 のの旅一行も、今回もちろん大島紬!

 山中さんの着物は二部式のオリジナルブランドののものがたりの「奄美式部」で、龍郷という伝統的な模様の大島紬と現代の黒い無地の大島紬を切り替えで仕立ててある、伝統の柄をモダンに甦らせたもの。着るのも簡単で、こういう着方だったら「着付は難しいから」と敬遠する人も着られそう。

 私の着ていった色大島紬は、バイト先の社長さんのお母様のものを譲っていただいたもの。ヒトモト式という、織り模様が十字になっているものです。唐獅子の模様が入っていてその部分は総絣(タテヨコの糸が両方絣糸(先染めの糸)で織られている)になっていて、5マルキ。マルキとは縦糸に対して絣糸の本数がどれだけ使われているかの単位で1マルキが80本。5マルキ、7マルキ、9(コン)マルキ、12マルキがあり、数が増える程細い糸で織られているため、軽くて、繊細で細かい模様になります。昭和50年ごろに織られたものだね、と教えていただきました。

 カメラマンの瑞穂ちゃんも藍大島紬、同じヒトモト式の5マルキ。昭和53年ごろのものかなあ、だそう。この頃使われる薬品が変わったそうで、柔らかく仕上がるようになったんだとか。

 どちらの着物もおよそ40年振りのお里帰りということに! ひょんなきっかけから急に決まった旅でしたが、来られてよかったねえ〜なんて思わず着物に話しかけてしまいました。

 昭和40年代に起きた大島紬ブームや、その後も高級路線でも愛されれ求められてきたこの美しく軽い着物は、全国のたんすの中にたくさん眠っているのではないでしょうか。

 20147月にバニラエアが成田初直行で就航し、奄美大島への旅は身近になっています。今回もオフシーズンということもあってか交通費自体は京都へ行くより安くてびっくり。島料理も美味しかった!

 ビーチリゾート!海遊び!だけじゃなく、暑くもなく着物が着やすいこんな時期に大島紬を着て里帰り、大島紬の故郷・織元めぐりもおすすめですよ! 

 奄美大島の皆様、山中さん、アリガッサマアリョウタ〜!(ありがとうございました)
 

気仙沼・たかはしきもの工房の工場見学してきました☆の巻 ~ 着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 先月のオハナシです。私、かねてから一度行ってみたかった宮城県気仙沼市に初上陸いたしました。行ってみたかった訳はというと、そこにはあの「たかはしきもの工房」があるからです! 

 気仙沼出身のキモトモ(着物友達)が教えてくれた「満点スリップ」がきっかけで、三年前にいち利モールのイベントへ女将の話を聞きに行き、以来すっかりたかはしファンのわにこ。愛用の和装小物たちがどんなところで生み出されているのか、一度見てみたい!とずっと思っていました。

 今回は取材ということで、特別に満点スリップをはじめとする、たかはしのアイデア和装小物を縫製している工場にお邪魔させていただきました。

 まずは本店に伺うと、お店のスタッフさんが笑顔でお出迎えしてくださいました。お店の外観はこんなかんじ。じゃーん!

20151104-1

 写真撮らせてくださーい!とお願いすると素敵な女将のちょー笑顔!! なんでしょうかこの可愛らしさ! 私もつられてちょースマイルでございます。 
 そしていよいよ店内へ! わにこの妄想では、たかはしの和装小物がズラリと並んだ店内を想像していたのですが、前面にはあまり並べられておらず、ちょっと素敵な洋服やバッグやスリッパも置いてあったりして、その奥に着物があるような、とってもきさくな店構えでした。

 しかしてその奥の事務所では‥‥パソコンを操るスタッフさん、全国へ出荷作業をしているスタッフさん、工場から製品を運んで来るスタッフさん‥‥皆さん忙しく立ち働いています。

 お店から車で約10分、工場へ案内していただくと、新しい建物の中で女性たちがきびきびと働いていました。震災後、街はすっかり変わり、土地も嵩上げされ、道路も新しくなり‥‥そんな中で設備を整えたこの小さな工場(「工房」のほうがピッタリくるかも!)から、あの私たちのおキモノ生活を便利にしてくれるたかはし製品が生まれているのですね〜。

20151104-2

 工場のスタッフさんは皆さん気仙沼の地元の女性達。それぞれ得意の行程をいくつか受け持って作業をしています。ちょうど、楊柳生地の裁断をされているところも見学できたのですが、何十枚も重ねた布を型紙通りにカッティングしていく姿は、かっこ良くって惚れ惚れ。ミシン、アイロン、エトセトラ、手際よく、私も使わせていただいているあれやこれやが出来上がっていく様子をみていたらじーんと感動してしまいました。

 出来上がった製品は、きちんと検品されて、畳まれ、赤い風呂敷に包まれて、お店へと納品されていきます。そこからまた、注文した人や、お店に届けられて‥‥。

 たかはしの製品に感じるあたたかさは、こうやって互いに目が届く範囲で、スタッフさんたちが一緒につくりあげている、その「ものづくり」の気持ちがこもっているからなんでしょうか。

 そんなことを思いながら、お昼ごはん(無論、秋刀魚焼き定食です!)を食べていると、窓から気仙沼港にキレイな虹がかかっているのが見えました! 

20151104-3

 とてもあの震災の津波があったとは思えない静かな鏡のような水面の内湾。でも、周りにあった家、建物はなくなり、土地が造成されている最中で、巨大な防潮堤も建設され始めており。たかはしのお店にも「ここまで津波がきたんだよ〜」という、跡が残っていました。

 そんな一言では語れないような大変な状況の中で、女将とたかはしのスタッフの皆が一丸となって「きものをたのしく、やさしく、おもしろく」と、様々な困難を乗り越えて、笑顔で作ってきた、満点スリップをはじめとするアイデア小物の数々。便利でラクなのはもちろん、作られている現場を見てより一層、好きになりました。

20151104

 着物もそうですが、作っている人の顔が見えるというのは、安心できるし、大切に思えます。どこでどうやって作られたかとか、作り手さんの気持ちとか、職人さんのコダワリとか‥‥。ものづくりの現場を見て納得することは、ものへの愛情もまた、深めてくれるのだなあと感じた気仙沼の旅でした!


<写真撮影:渡部瑞穂(昭和な家)>



 いち利モールのたかはしきもの工房ページはこちら

http://ichiri-mall.jp/lp/manten/ 
 

夏休み京都きもの旅★宿坊に泊まったよの巻 ~ 着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:
 世の中なんとなく夏休みモードな今日このごろ。皆様はどんな夏期休暇を過ごされるのでしょうか。

 さてさて私も、子どもを飛行機のキッズサービスを使って主人の実家に送り出しました。飛行機に一人で乗る子どもを、送りの保護者からお迎えの保護者に渡してくれるサービスで、無事、初ひとり旅でおじいちゃんのところに到着。大きくなったなー!! 母に叱られる事もなく、ただいま夏休み満喫中の模様です(笑)。

 わたしもちょっと身軽になって、大阪出張に行くことになりました。三日間の大阪でのお仕事の後、京都へ移動して友人と宿坊に泊まる計画です。着物仕事なので、もちろんずーっと着物。

 普段ひきこもりの自分、初きもの旅です(ええ)。妄想でなら何度でも行ったことがあるんですけど(笑)、いよいよ脳内シュミレーション再生の機会がやってまいりました!!

 でも‥‥達人に聞いたらばっさり「全部着てくから楽だわよ」と言われ、まさにその通り、のラクチン旅でした。

 そして今は夏!! 洗濯物もすぐ乾くんです。二枚の浴衣に三本の帯、麻子とステテコ、そしてうそつき衿を持ちました。着物は畳めば平らになるし、ぜーんぶまとめて風呂敷で包んでしまえばおしまい。洋服のようにシワを気にすることもなく、持ち運びもラクラクです。

 1日目のコーデは、絞りの浴衣に名古屋帯。作り帯なのでラクチン! 2、3日目は阿波しじらに、半幅帯。帯は、リバーシブルのものを両面使って雰囲気を変えて。4日目はまた絞りの浴衣に名古屋帯、でした。

 下着は2セット持参。でも結局、夜洗濯しちゃうと朝には乾いていて1セットでもいけたかも? ずっと着物だったので、草履だけで。予備も持たずです。夜のパジャマと洗面・化粧道具だけ。大きめのスーツケースを持っていったけど、もっと小さくて全然大丈夫というかんじでした。ここらは経験値なんでしょうね。次のきもの旅はもっと身軽になれそうです。

0812_2

 大阪での仕事を終えて、そのまま京都駅でキモトモと待ち合わせ! バスにのって祇園に移動し、夜遅めのチェックイン後、お部屋で九条ネギのきつねごはん弁当を食べるわたしたち。朝のおつとめがありますから、門限は10時と早めなのです。

 宿坊というと、狭い部屋で泊まるだけというようなイメージだったのですが、8畳間でふたりゆったりと過ごしました。

 朝は7時にお寺に集合。建礼門院が出家したお寺として有名な長楽寺です。さすがにまだ外も暑さ控えめで、坂を上っていくと、そこはもう山の中の別世界。セミの声だけが響き渡っていました。

 記帳して、住職と一緒に本堂で勤行させていただきます。読経して、法話を聞くのですが、本堂の中で声を出してお経を読んでいると背筋も伸び。母の大好きだった観音経を唱えながら、涙がぽろり(年寄り)。


 昔はお坊さんの話なんて眠いだけだったのに、年齢を重ねて来ると、有難く染み入りますね。

 その後出勤する友人を見送って、お寺の中を案内していただきました。平安時代には即時作詞の名所だったそう。名水「八功徳水」をいただき、お庭を鑑賞。「写真撮りましょうか?」と住職さんが参加者の写真を自ら撮影してくださいました。

0812_1

 し、しかしピントが(笑) まっ、シワが見えなくていいか(笑)

 一遍上人の像なども見学。一遍上人というと口から6体の阿弥陀様をぴょー!と吐いている(?)像が有名ですが、遊行中の厳しい修行に痩せたお姿でした。重文がごろごろで、なんていうか、こういう1200年とか800年とかそういう単位の歴史が目の前にある京都で育ったら、時の流れを掴む感覚がまるで違うんじゃないかしらと思ったり。

 山を下って、丸山公園で坂本龍馬と中岡慎太郎の像を見て、八坂神社の境内を通ってお参り、美御前社で美容水をつけて女子力アップを祈願!

 宿坊に戻って、おかゆさんに茄子田楽、ふろふき大根など美味しくてヘルシーな朝食をたっぷりいただき、身支度を整えて出立。

 宿泊ほかなにもかも面倒を見てくれた上に宿坊に泊まろ!って計画してくれた関西在住の友人に大感謝!! 本当にいい時間を過ごさせてもらいました。

 そしていよいよひとりで、京都観光‥‥ではなく、この後実はこの旅のクライマックス、京都のいち利モールオフィスへ取材にGO!!

 通販って、お店と違ってスタッフさんに直接会うわけではないので、どんな人がどんな風に働いているのか、すご〜く気になりませんか? 一度、ご挨拶がてらオフィスに行ってみたかったんです! 去年きものサローネでお会いしそこねた、このコラムを担当してくれているイケメンスタッフNさんにやっと会えるぞー!!ワクワク。

 次回は、わにこのいち利モールの突撃現場レポートをお届けします。お楽しみに!!

ゴールデンウイークは着物で1泊旅行!妄想コーデの巻 ~ 着物大好きコミックエッセイスト ほし わにこ連載コラム「オトナの着物生活」~

カテゴリ:

 暖かくなったり寒くなったり、めまぐるしい気候のこのごろ、何を着ていいか迷ってしまいますね。そして春休みが終わったと思ったらもうゴールデンウイークの予定を立てる時期になってまいりました!

 今回は着物的に気候のいいゴールデンウイーク、着物で一泊旅行にいってみたいなあ〜という妄想コーデです。

 

0415_2
 
0415_1
 
 帯と半衿だけ変えて2パターンのコーデを考えてみました。着物・帯揚・帯締・襦袢は同じ想定です。襦袢は、半衿を2枚重ねでつけておいて1枚外せば印象が変わります。

 着物は、汚れが目立ちにくいもの1枚で。大島紬が軽くて、シワにならなくて、水にも強いということでチョイスしました。

 帯は、ちょっとよそゆきの名古屋帯と、軽くて気軽な八寸帯の2種類にしました。小物を変えて、帯は一緒でもよいと思います。その方が荷物は少ないですね。

 お太鼓結びで長時間乗り物に乗るときは、お太鼓の枕が疲れたりするので、枕は薄め、柔らかめのものを選ぶとグッド。

 1本で済ませるならリバーシブルの半幅などが一番楽でしょう! 少し長めのものをチョイスすれば、ボリュームのある結び方もできるので便利です。

 あとは足袋・下着の替え、もしものときの雨コートを持てばOK! 1泊なら意外と小さな荷物で出かけられますね。

 持っておくと便利なものは風呂敷。着物類をまとめるのにも、着替えの時に下にひいてもいいですヨ。手拭は余分に。ちょっと肌寒い時のためや汚れ防止にストールも。


0415_3

 なーんていいつつ、実は着物で旅行に行ったことがないんです(ええええ!)というか、旅行自体もあまり行かない出不精(えええ)今回はまさに妄想コーデの巻でございました。お粗末(><)

 ゴールデンウイーク、私は日本橋で行われる「わーと日本橋」という和とアートがテーマのイベントの着物展示の裏方でお手伝いすることになり、今からドキドキ! 竹の灯オブジェや茶室、宝塚の衣装展示などもあってとても楽しそうです。遠い街でこんな催しがあったら、一泊で行ってみるのもいいかも!

 自分は行楽地は混んでいるし‥‥な〜んてまた今年も、都内でぐるぐるしていそうですが‥‥(だめじゃん)。なかなか着物で一泊旅行♪の夢は叶えられずにきましたが、今年中には実現させたいゾ! なんて思っている、行楽日和前、妄想三昧のわにこでした。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×